まつ毛パーマとラッシュリフトの違い!

ブーム再燃!!
まつ毛パーマとラッシュリフトは違いがあるの?

 

おはようございます^^
半蔵門・麴町プライベートサロンのネイルハニエル・チヨです。

 

今日は、生憎のお天気ですが
季節がらフットケアやラッシュリフト(まつ毛パーマ)の

ご予約のお問い合わせが増えています^^

 

まつ毛カールの進化


今、再びの人気を集めている【ラッシュリフト(まつ毛カール)】

 


以前は、

「まつ毛に‘‘クルンッ‘‘としたカールが付きすぎてしまう・・」
「根元だけ上げたいけど、上げると毛先のカールが瞼にあたってしまう・・・」

そんなお客様の声が多くありました。

 

よくお客様に、「これまでのまつ毛カールと何が違うの?」なんて
質問もよく受けますが、基本的には同じです。

 

ですが、これまでの従来のお悩みを改善し

様々なお客様の瞼や毛の長さに合わせ
根元からパッチリと、かつ自然に上げたいというご希望を叶えたのが

現在主流になってきた【ラッシュリフト】と理解して頂ければと思います。

ロットの形状や厚みによって、
様々なアイデザインをたのしめるようになってきましたね^^

 

 

ラッシュリフトとは?

薬液を用いてまつげにカールを付けていく技術のことで、
いつもビューラーで上げたようなカールを約1ヶ月以上キープさせることができます。

(※持続期間には個人差がありますのご理解くださいませ。)

 

薬液でまつげ自体のカールを固定することにより、

日々の「ビューラーでまつげを上げる」という煩わしい作業から解放され、
無理なビューラーによる切れ毛なども防ぐことができるので

「ビューラーで日々まつげに無理な負担をかけ続けるより、
月に1度のラッシュリフト施術の方が、薬液によるダメージと比べてもまつげへの負担は少ない」
という意見もあるんですよ。

なにより、毎日のお化粧が楽チンになるのが嬉しいですよね!^^

 

ラッシュリフトとまつ毛カールの違いは?

 

♥ラッシュリフト♥

まつげ自体にはカールをほぼ付けない!
根元をしっかり立ち上げ、まつげの被る影などをなくすことで、
瞳自体をすっきり大きく見せる効果あり。

オススメな点
まつげにカールをほとんど付けないので、
まつげが短めの方でも長さを最大限に見せることができます。
まつげの生えグセが強めの方は、
まつげパーマに比べると伸びてきた時の
バラつきが多少気になりづらいとの感想があります。

注意点
まつげの量が少ない方の場合、根元をしっかり上げることでまつげの生え際の隙間も目立ちやすくなるため、気になる場合はアイラインでナチュラルに目のライン整えてあげましょう。
根元を上げ過ぎてしまった場合、横から見た時の目元の印象が不自然になりがちになります。
(技術者と良くカウンセリングをすることをお勧めします)


従来のまつ毛パーマ

根元を自然に立ち上げつつ、まつげ自体にもカールが付くデザイン。

自然なカールを付けたデザインから、くるんと可愛らしい印象のデザインなど
カール感は好みにより調節することが可能ですよ^^

オススメな点
まつげに長さがあり、まつげにもカールをつけて可愛らしい印象にしたい場合。
まつげの長さが長めの方は、
根元を強調して上げ過ぎず毛先にはカールを付けない方が自然に仕上がりますよ。

注意点
まつげの長さが短い方だと、まつげにカールを付けることで
正面から見た時の長さが短く見えてしまい、さらに短さが強調されてることがあります。
まつげの生えグセが強い方は根元が伸びてくると元々のクセの方向に倒れたり方向が戻るため、
まつげ自体にカールが付いていると、そのバラつきが、より目立つことがあります。

 

 

最近の、次世代ラッシュリフトと言われるまつ毛パーマは

従来のものよりも、
よりロットも薬剤も改善されクオリティの高いものとなっています。

 

 

そして、その進化はトレンドはマツエクから
確実にラッシュリフト(まつげパーマ)へと移りました。

よりナチュラルで、サステナブルな観点からも
ラッシュリフトが再トレンドに浮上した理由がうなづけますね^^


ご興味のある方は、
この夏のオシャレにラッシュリフトを試してみませんか?

 

次世代ラッシュリフトのご予約はこちらから!